葉酸サプリの飲み忘れを防ぐ工夫をしよう!

 

妊活中や妊娠中だからこそ、なるべく飲み忘れを防ぎたい!

せっかく、葉酸サプリを愛飲しているわけですから、飲み忘れはなるべく防ぎたいものです。

特に、胎児のことを考えるのなら、なるべく飲み忘れを防ぐことが、大切になってくるでしょう!

この記事では、そんな葉酸サプリの飲み忘れを防ぐ工夫うや方法ついて、提案をしていきたいと思います。

 

できるだけ決まった時間に飲むようにする

 

基本的にサプリは決まった時間帯に飲むと言うことはあまり決められていない場合がほとんどです。

それよりもの飲み忘れを防ぐことのほうが大切になります。

代表的な方法は、「決まった時間に服用する」ということでしょう。

このことから、葉酸サプリにしても、決まった時間に飲用すれば、飲み忘れを防ぐことができます。

仮に、1日2回の目安量が決められている葉酸サプリがあるとします。

この場合、「朝食後に1粒」「夕食後に1粒飲む」などと、飲むタイミングを決めておくようにしましょう。

このように毎日の習慣をつけていけば忘れずに飲用できるため、飲み忘れを防げるはずです。

ただ、たまたまその日が忙しくて、飲用したこと自体を忘れる人も、たまにいるのではないでしょうか?

例えば、就寝前に「今日は夕食後にサプリを飲んだっけ…忘れちゃった…」といった感じですね。

逆のパターンで、夕食後に飲んだのにも関わらず、それを忘れてさらに飲んでしまったら、規定量以上の葉酸を摂ってしまう事になちます。

水溶性なら体外に排出されるので、まだよいかもしれませんが、過剰摂取は赤ちゃんにも悪い影響を与えかねませんので、できるだけ避けるべきでしょう。

飲用したこと自体を忘れやすい人はどうすればいい?

前途のようにサプリを飲んだにも関わらず、それを忘れてさらに飲むことは、避けるべきです。

従って、飲用したこと自体を忘れやすい人は、さらなる自分にあうようなアイデアを探すべきでしょう。

ここからは、そんな飲用したこと自体を忘れやすい人に向けて、すべき工夫を提案していきますね!

 

「曜日別のピルケース」にわけて管理

曜日別ピルケースとは、薬を入れる箇所が「月」~「日」の7箇所に分けられている便利なアイテムです。

この曜日別ピルケースにサプリを入れておけば、飲んだことを忘れることはまずないでしょう!

まず最初に、「月曜」から「日曜」の7箇所にサプリを入れておきます。

例えば月曜日なら、「月曜」の箇所に入っているサプリから飲み始めます。

すると、最後の「日曜」のサプリを服用した時点で、曜日別ピルケースの中は空になりますよね。

そうしたら、もう一度同じように「月曜」から「日曜」の7箇所全てに、サプリを補充します。

「所定の曜日の箇所のサプリを飲み、日曜日には空になるため7箇所全てにサプリを入れる」ということになりますね。

それを繰り返している間は、服用したこと自体を忘れることはないはずです。

今回はサプリの飲み忘れを防ぐアイデアについて、検証しました。

それに、飲用したこと自体を忘れない工夫についても、提案してきました。

大切な未来の赤ちゃんを身ごもっているからこそ、飲み忘れや過剰摂取をすることなく、葉酸サプリの豊富な栄養素をしっかりと適量分補給して、母子ともに元気に楽しい毎日を暮らせていけるように心掛けましょう!